tmux使用時に日本語が表示されないとき(アンダースコアになってしまう)の対処法

上記写真のように日本語であるべきところがアンダースコア(_)になっていて表示されないときは、tmuxをutf8モードで起動する。

$ tmux -u 

-u when starting, tmux looks for the LC_ALL, LC_CTYPE and LANG environment variables: if the first found contains ‘UTF-8’, then the terminal is assumed to support UTF-8. This is not always correct: the -u flag explicitly informs tmux that UTF-8 is supported.

引用元: http://man.openbsd.org/OpenBSD-current/man1/tmux.1

AWS CLIでNVMe利用インスタンスから外部EBSボリュームをマウントする方法

AWSのEC2インスタンスでは最近高速SSDのNVMeを採用しているインスタンスタイプがある。

NVM Express (NVMe) もしくは NVMHCI (Non-Volatile Memory Host Controller Interface) は、PCI Express (PCIe) を通じて、不揮発性ストレージメディアを接続するための論理デバイスインターフェースの規格であり、シリアルATAに代わる次世代の接続インターフェース規格である。

引用元 :https://ja.wikipedia.org/wiki/NVM_Express

これを利用しているインスタンスでは下記のように/dev/nvme0n1p1のようなデバイスになっており、従来通りにAWS CLIで自動マウントしようとすると失敗する。

# NVMe
udev            1.9G     0  1.9G   0% /dev
tmpfs           390M  5.7M  384M   2% /run
/dev/nvme0n1p1   97G  8.4G   89G   9% /
# 昔ながらのデバイス
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on      
udev            288M     0  288M   0% /dev           
tmpfs            59M  2.3M   57M   4% /run                                                               
/dev/xvda1       97G  8.3G   89G   9% /   

AWS CLIではまず xvdbをAttachし、利用できるようになるのを待ち、マウントする。

while :; do
    aws ec2 wait volume-available --volume-ids $VOLUME_ID && break
done;
aws ec2 attach-volume --volume-id $VOLUME_ID --instance-id $me --device /dev/xvdb
aws ec2 wait volume-in-use --volume-ids $VOLUME_ID

until [ -e /dev/nvme1n1 ]; do
  sleep 1
done
mount /dev/nvme1n1 /mnt

昔ながらとNVMeをサポートするコマンドは、下記のような感じ。


while :; do
    aws ec2 wait volume-available --volume-ids $VOLUME_ID && break
done;
aws ec2 attach-volume --volume-id $VOLUME_ID --instance-id $me --device /dev/xvdb
aws ec2 wait volume-in-use --volume-ids $VOLUME_ID

lsblk | grep nvme
if [ $? = 0 ]; then
  until [ -e /dev/nvme1n1 ]; do
      sleep 1
  done
  mount /dev/nvme1n1 /mnt
else
  until [ -e /dev/xvdb ]; do
      sleep 1
  done
  mount /dev/xvdb /mnt
fi

[DNS]ドメインのMX,TXT レコードの確認方法

mxやtxtレコードのバックアップを撮りたいときがあります。 nslookup -q=anyでとってこれます。 cnameなどはFQDNを知らないと取れないので漏れなく全レコードをバックアップをとるのは難しい?

$ nslookup -q=any gsacademy.com
;; Truncated, retrying in TCP mode.
Server:         100.115.92.193
Address:        100.115.92.193#53

Non-authoritative answer:
Name:   gsacademy.com
Address: 50.63.202.10
gsacademy.com   nameserver = ns31.domaincontrol.com.
gsacademy.com   nameserver = ns32.domaincontrol.com.
gsacademy.com
        origin = ns31.domaincontrol.com
        mail addr = dns.jomax.net
        serial = 2018082202
        refresh = 28800
        retry = 7200
        expire = 604800
        minimum = 600
gsacademy.com   mail exchanger = 1 ASPMX.L.GOOGLE.com.
gsacademy.com   mail exchanger = 5 ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.com.
gsacademy.com   mail exchanger = 5 ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.com.
gsacademy.com   mail exchanger = 10 ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.com.
gsacademy.com   mail exchanger = 10 ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.com.
gsacademy.com   mail exchanger = 10 ASPMX.L.GOOGLE.com.
gsacademy.com   mail exchanger = 20 ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.com.
gsacademy.com   mail exchanger = 30 ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.com.
gsacademy.com   mail exchanger = 40 ASPMX2.GOOGLEMAIL.com.
gsacademy.com   mail exchanger = 50 ASPMX3.GOOGLEMAIL.com.
gsacademy.com   text = "google-site-verification=gOpqy_QueJfWIXWxVbv81GdIIRGM2zcPj5tU7UTT0gw"
gsacademy.com   text = "google-site-verification=f6_DPrzy2Gs3k-VJBwBaIcRKAuozIp_RQJA1hO71CTY"
gsacademy.com   text = "google-site-verification=FDLsQHtXCoZFqWgN7NfAtUhGJmluPYkJdc0iSi7jX6Y"

40インチ超えのディスプレイ[ 43UD79T-B]を使う

オフィスが移転し(三度目)、机が大きくなったので噂の40インチモニターを購入した(自腹)。

【Amazon.co.jp限定】LG モニター ディスプレイ 43UD79T-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減

このモニター、1ポールバージョンと2ポールバージョンがあり、スペックを比較すると3センチぐらい2ポールバージョンの方がモニターまでの高さが低いことがわかったので、こちらを購入した。24インチディスプレイを縦で利用していて少し見上げるかたちになると、少し疲れるのでまずはこちらで様子見。将来お金に余裕ができたときに必要ならばモニターアームを購入しようと思っている。

2016年以降のmacbook proの標準装備のUSB type cなので別途ケーブルが必要。USBタイプCの規格はややこしいのだが、usb over display port系のケーブルを使う。43UD79TにはUSBの受け側も付いているのでそちらを使っても良いが、display portの場合、リフレッシュレート60ヘルツが確実にでそうなのでそっちにした。

Plugable USB Type C(USB-C) - DisplayPort 変換ケーブル 1.8m、MacBook 12” 2015/2016、MacBook Pro 2016/2017、Surface Book 2、その他の USB-C または Thunderbolt 3 ポート搭載システム用(4K 3840x2160@60Hz に対応)

利点はブラウザを少しズームにすれば3カラムで表示できる。そして、そでれも文字が小さくないこと。4Kの27インチを利用したことがないが、文字が小さくて拡大して使うというブログをよく見かける。

ちなみに左にあるのは24 インチのモニター。縦使いで開発中は見たくないSlackとメールに使用している。

三画面で一つは、開発しているweb app, 真ん中にエディタ、そして右側にウェブサーフィン用(=stackoverflow用ともいう)

大きさは皆のいうとおり、1時間で慣れた。