Vimの検索単語ハイライト時の背景色の変更方法

/で検索しているときにどれがハイライトされているかわからなかったので調べてみた。.vimrcに下記を追加。

色は下記で確認。

参考:https://stackoverflow.com/questions/7103173/vim-how-to-change-the-highlight-color-for-search-hits-and-quickfix-selection

2018年のVimファイル検索・文字列検索はfzfとripgrep(rg)で決まり

sublime2 -> atom -> vscode -> sublime3 を経て5年ぶりぐらいにVimに帰ってきたわけですが、当時から色々変わっていて軽い浦島太郎状態です。ともかく大変なのはプロジェクト内のファイル検索と文字列検索。一度、sublimeのようなテキストサーチを経験してしまうとこれなしには開発できなくなってしまいました。

deinをパッケージのインストールに選び、deniteを試すも大きなプロジェクトではその遅さに困り、ctrlPとfzf両方試し、fzfを利用することに決めました。決め手はその速さ。Blazing fastというやつです。

deinを利用しているので、.vimrcにjunegunn/fzfjunegunn/fzf.vimを追加。

あとはショートカットを追加。ctrl-Pでファイル検索。ctrl-gで文字列検索です。私はバッファ検索はタブを利用しているのであまり使わないと思っていますが、一応追加。\\でvimコマンド一覧を表示できます。

私はタブを利用してて、かつ私のtmuxのprefixキーのctl-tが被って利用できなそうだったので、ctrl-oで新しいタブを開くに変更。

文字列検索はripgrep(rg)を採用

ripgrepをインストールして、Rgコマンドにpreviewを追加。ctrl-gで:Rgが出て、検索する文字列を入れて、Enter。それから?を押すとpreviewモードスタート。ファイルが右側に表示されて便利の極みです。

私の整理されてないvimrcはこちら

vim-session プラグインを使ってtabごとsessionを保存する方法

tmuxで指定したwindow/paneから始める方法 [再起動も安心]を説明したが、Vimのセッション情報もタブを含めてRestoreしたい。 最初は全て自動で保存しようとしたが、必要に応じて自分でセッションを保存した方が実用的。ブラウザのタブのように、使わないタブが残ってしまい必要のないタブが溜まっていってしまう。

vimはデフォルトでセッションの管理が可能だが、細かいところまで残すにはvim-sessionを使った方が良い。

.vimrc

SaveSessionとタイプするのが面倒なのでノーマルモードで\ssでSaveSessionを呼び出す。

例えば、セッションをProject毎に保存する場合は、引数のセッション名にプロジェクト名を指定することでプロジェクトごとのセッションの作成が可能。

.vim/sessions/<session name>.vimに保存されるのでこれをvimの引数として呼び出せばよい。

実際は、tmuxの起動スクリプトに書いておけば良い。

Scroll to top