2018年のVimファイル検索・文字列検索はfzfとripgrep(rg)で決まり

sublime2 -> atom -> vscode -> sublime3 を経て5年ぶりぐらいにVimに帰ってきたわけですが、当時から色々変わっていて軽い浦島太郎状態です。ともかく大変なのはプロジェクト内のファイル検索と文字列検索。一度、sublimeのようなテキストサーチを経験してしまうとこれなしには開発できなくなってしまいました。

deinをパッケージのインストールに選び、deniteを試すも大きなプロジェクトではその遅さに困り、ctrlPとfzf両方試し、fzfを利用することに決めました。決め手はその速さ。Blazing fastというやつです。

deinを利用しているので、.vimrcにjunegunn/fzfjunegunn/fzf.vimを追加。

あとはショートカットを追加。ctrl-Pでファイル検索。ctrl-gで文字列検索です。私はバッファ検索はタブを利用しているのであまり使わないと思っていますが、一応追加。\\でvimコマンド一覧を表示できます。

私はタブを利用してて、かつ私のtmuxのprefixキーのctl-tが被って利用できなそうだったので、ctrl-oで新しいタブを開くに変更。

文字列検索はripgrep(rg)を採用

ripgrepをインストールして、Rgコマンドにpreviewを追加。ctrl-gで:Rgが出て、検索する文字列を入れて、Enter。それから?を押すとpreviewモードスタート。ファイルが右側に表示されて便利の極みです。

私の整理されてないvimrcはこちら

[Ubuntu] grepからSilver Searcher(ag)。2018年はRipgrep(rg)をインストールする

昔は、find . | xargs grep 2>/dev/nullを使ってました。agに変更後、その速さに驚き。2018年はそれよりも早いRipgrepを採用しています。

Ubuntuでのインストールは、下記の通り。

使い方はシンプルでrg 検索ワード

ASUS CHROMEBOX 3-N019U開封レビュー

ここ10年ぐらいOSXをメインコンピュータとして使ってきたが、教育向けデバイスのChromebook/ChromeOSが実際に実用に耐えうるかを使ってみて考察したいと思う。

選んだデバイスはChromebox。iMac miniのような弁当型のPC。詳しいスペックは下記リンクのAmazon.comを参考にしてもらえればと思うが、現行世代のInterl i3を積んでいて、4Kディスプレイに出力可能という品物。40インチ超えのディスプレイ[ 43UD79T-B]を使うで紹介した42.5インチのモニタに接続して使用中。 

注意点として、日本のアマゾンからは購入できないのでUSのアマゾンアカウントを作ってUSから配送してもらうようにしないといけない。日本では前の世代のChromebox2が売られているので間違えないように。

ASUS CHROMEBOX 3-N019U Mini PC with Intel Core i3, 4K UHD Graphics and Power Over Type C Port, Star Gray

8月22日に注文し、8月27日に届きました。box in box.

きちんと区切りしてある。Apple製品のような高級感はない。

必要最低限。本体。電源コード。VESAマウント用の取り付け器具。

HDMIとDisplay Port over USB type C があるので標準で2モニタで出力できる。

USBが5つ付いていてハブの必要はない。SDカードも使える。

ChromeOS自体初めてなので引き続きレビューをしていこうと思う。特に開発者視点で。

40インチ超えのディスプレイ[ 43UD79T-B]を使う

オフィスが移転し(三度目)、机が大きくなったので噂の40インチモニターを購入した(自腹)。

【Amazon.co.jp限定】LG モニター ディスプレイ 43UD79T-B 42.5インチ/4K/IPS非光沢/HDMI×4・DP・USB Type-C・RS-232C/スピーカー/ブルーライト低減

このモニター、1ポールバージョンと2ポールバージョンがあり、スペックを比較すると3センチぐらい2ポールバージョンの方がモニターまでの高さが低いことがわかったので、こちらを購入した。24インチディスプレイを縦で利用していて少し見上げるかたちになると、少し疲れるのでまずはこちらで様子見。将来お金に余裕ができたときに必要ならばモニターアームを購入しようと思っている。

2016年以降のmacbook proの標準装備のUSB type cなので別途ケーブルが必要。USBタイプCの規格はややこしいのだが、usb over display port系のケーブルを使う。43UD79TにはUSBの受け側も付いているのでそちらを使っても良いが、display portの場合、リフレッシュレート60ヘルツが確実にでそうなのでそっちにした。

Plugable USB Type C(USB-C) – DisplayPort 変換ケーブル 1.8m、MacBook 12″ 2015/2016、MacBook Pro 2016/2017、Surface Book 2、その他の USB-C または Thunderbolt 3 ポート搭載システム用(4K 3840×2160@60Hz に対応)

利点はブラウザを少しズームにすれば3カラムで表示できる。そして、そでれも文字が小さくないこと。4Kの27インチを利用したことがないが、文字が小さくて拡大して使うというブログをよく見かける。

ちなみに左にあるのは24 インチのモニター。縦使いで開発中は見たくないSlackとメールに使用している。

三画面で一つは、開発しているweb app, 真ん中にエディタ、そして右側にウェブサーフィン用(=stackoverflow用ともいう)

大きさは皆のいうとおり、1時間で慣れた。

BOSE Quietcomfort35レビュー

今働いているスタートアップの会社の人数が少しずつ増えてきて10人程度になってきました。オフィスは一つの部屋なのでミーティングやディスカッションが行われていれば、自然と情報が入ってきてだいたい今のビジネスの方向性や問題点などがわかってきます。

ここで問題となってきたのが、プログラムを書くときに集中してコーディングしないといけない、しかし、室内のノイズで集中できないケースです。集中が必要なのが、深いロジックを考える必要があるときです。浅いロジックの思考中は、ノイズがあっても平気ですし、インタラプトされても思考地点に復旧が容易です。

参考: Never interrupt a programmer
Never interrupt a programmer

そういった背景でノイズキャンセリングのイヤホンまたはヘッドホンを探しだしました。

最初に迷ったのがイヤホンかヘッドホン。イヤホンは携帯性にすぐれていて、耳に密着している分、ノイズキャンセルが強い。ヘッドホンは携帯性はないけど耳全体を覆うので音のクオリティが良いらしい。今回、私はこのような性能差よりも、コーディング中に”俺は集中してるから声をかけないでね”オーラを出せるヘッドホンタイプを探すことにしました。

ノイズキャンセリングは少し高くて、その中でも安価なものから高価なものまで沢山あります。自分の半生を振り返ると、例えば、その昔、安価なCreativeのmp3プレイヤーを持ってましたが、中途半端だったため結局使わなくなり、高価だったiPodに移行してから使い出したことがあります。中途半端なブランドを買うとダメなようです:)

なので、ブランド力のあるBOSEを選ぶことにしました。これは、ブランドだけでなく同僚がもってたBOSEのイヤホンタイプのQuietComfort20を使わせてもらったら、すごくよかったからです。

そして、少し調べてみるとオフィスの近くにBOSEのショールームがあることを発見。お昼休みに行ってきました。ショールームには、QuietComfortのいろいろなシリーズがありました。飛行機のフライト音を再現してくれて、ノイズキャンセリングの効果を全てのシリーズで試させてもらいました。気づいたらQuietComfort35を買ってました(笑)。2週間ずっと迷ってたのに一撃ですね。恐るべし、ショールーム。きっと家を買う人もショールームマジックにやられるんだろうな。

QuietComfort35にした決め手は、Bluetooth。そして、発売して2週間しか経ってないことです。家電は新しいのを買わないと買った喜びが半減してしまう(笑)

使ってみて感想は、下記のような感じ。一言で言うと、買って正解でした。

  • ノイズキャンセリングは秀逸。(人の声が全く聞こえなくなるわけではないがそれはそういうものらしい)
  • ノイズキャンセリングを使うとノイズ除去のための音量を上げなくて良いので、耳に優しい。
  • iPod以来の家電を持ってて嬉しい感
  • なんだか眠くなる。
  • 歩いてる時に使用すると車が接近してるのがわからなくて、危険。
  • ノイズってこんなに世界にあふれてるんだと感じる
  • 集中してコーディングできる!

ビジネス面では、メリットもあるけどデメリットもあるなって思ってきてます。コーティングに集中できるけど、その反面、オフィス内で行われてるディスカッションを聞いてたり、介入したりすることができなくなって、コミュニケーションの妨げになる一面がある。

本当に集中したいときだけ使うように心がけようって思ってます。

そういった意味ではオフィスが手狭なことは良いこともあるかもしれない。部屋が増えると、コミュニケーションが阻害されそう。別の仕組みが必要になってくるだろうな。

JALカード CLUB-AゴールドカードからTOKYU POINT ClubQにダウングレードした理由

JALのCLUB-Aゴールドカードを取得して10年。

ちょうど更新月だったので、このクレジットカードについて再考してみることにしました。

ゴールドカードのメリットとして、主に下記が挙げられます。

  • ボーナスマイル
  • ショッピングマイル・プレミアムに自動加入
  • カードの付帯保険

このメリットを私が教授してるかというと、、

ボーナスマイル

ここ数年はマイルを使う時ぐらいしかJALに乗っていない

ショッピングマイル・プレミアム

これは無印のJALカードでも後から3千円ぐらいで加入できる

カードの付帯保険: 

持ってる他のカードの方が条件がいい

どう考えてもメリットを教授してない。

ゴールドは年会費が17,280円ですし、ダウングレードする方向で考え出しました。

では、どこにダウングレードするか。

私は東急沿線沿いに住んでいるし、PASMOの自動チャージを使いたかったのでTOKYU POINT ClubQに切り替えることにしました。

MasterからVisaへのブランドも変更したので、新たに申請する必要がありました。
(同ブランドの場合は、カードのオンラインページからできそうです)

タイムライン

6月 15日 JAL TOKYU POINT ClubQ をウェブから申請
6月 20日 サポートに電話でGoldキャンセルの旨を伝える
6月 27日 新しいカードが届く

カードの更新月なので6/30までに切り替えをする必要があったのでサポートに電話しました。普通なら一ヶ月ほどかかるところが、更新月なので急ぎで処理してくれたみたいでした。

無事届いてすぐにショッピングプレミアムに加入しました。

公共料金等のクレジットカードの変更手続きが大変ですね。



Scroll to top