[Rails] sitemap_generatorのsitemap作成でAws::S3::Errors::AccessDenied: Access Denied

sitemap_generator gem

sitemap作成でハマったのでメモ。Herokuで動的なsitemapを作る一つの方法として、s3を使ったsitemap配信があります。ググれば、たくさんブログなどあるのですが、aws-sdkのバージョン2を使ったものがメイン。今回はaws sdk version3で構築してたのでAws::S3::Errors::AccessDenied: Access Deniedが出て時間を無駄に消費しました。

require 'aws-sdk-s3'が必要なのはissueを漁ればわかりました。

Aws::S3::Errors::AccessDenied: Access Deniedですが、s3のバケットをpublicにしていないと出ていました。なので、コンソールから下記を追加すればOK。

Rails経由でAWS Lambda(ruby)を使いファイルをs3にアップロードする方法

タイトルが渋滞していますが、、やったことは下記のこと。

  1. Railsが非同期ジョブ走らせる
  2. 非同期ジョブはlambdaをinvokeする
  3. lambdaがcurlでファイルを持ってきて、s3にアップロードする
  4. その結果のアップロード先URLをRailsのDBに保存

AWS Lambdaを触ったのは初めてです。nodeではなくrubyで動かします。まずは、AWS上にLambda関数を作ります。今回は、コードは短いだろうと予想し、ローカルにインストールせずにAWSのWEB UIのエディタを使いました。

Role 追加

登場ロールは2つ、Rails側でlambdaをinvokeするロールとlambda関数を走らせるロール

Rails側でlambdaをinvokeするロール

*全部必要ではないかもしれませんが、面倒なので全て権限をあげました。

lambda関数を走らせるロール

Rails側のコード

AWS Ruby SDK version2 です。RequestResponseだと同期で処理します。返り値を拾うためにもここは同期で処理。invoke_copy自体を非同期で走らせるイメージです。

Lambda関数のコード

AWS Ruby SDK version3です。Lambdaの/tmpのみがwritableな場所で、maxで512MBです。
したがって、これ以上コピーできません。

herokuでone-off dynoを利用してバッチを走らせる方法

rakeタスクを作らないで単純にメソッドを走らせたい、そしてメモリをたくさん使うアプリなのでsizeを変えてrails runner

Scroll to top